広島県五日市市の整形外科 痛みの緩和や身体機能維持のためのリハビリに力を入れています

山村整形外科
お問合せは今すぐコチラ 082-926-0212
HOME > 骨折してしまった
  • お問合せはこちら
    診療日程
    • リハビリスタッフ
    • 看護師
    • 受付
    • 部位別の代表的な症状
    • 肩が痛い
    • 腰が痛い
    • 首が痛い
    • 捻挫してしまった
    • 骨折してしまった
    • 交通事故の怪我
    • 当院のリハビリテーションへの考え方
    • 運動療法
    • マッサージ
    • 物理療法
    • 医師紹介
    • 当院のご紹介
    • 診療時間・アクセス
  • 山村整形 デイサービスセンター

    〒731-5106 広島市佐伯区利松2丁目11-6

  • プラセンタ注射

骨折してしまった

骨折をすると「激しい痛み」や「腫れ」を伴うため、急いで来院される患者さんが多いです。

ですが、時々「あまり痛みを伴わない骨折」もあり、そういった時に「捻挫だと思うから、しばらく放っておけば治るかな」と医師の診察を受けられない方がいらっしゃいます。

骨折を放置してしまうと、骨が変形してしまったり、治癒に時間がかかってしまうことがあります。また、時間が経つにつれて痛みや腫れがひどくなってしまって、レントゲンを撮影してみて初めて、骨折していたことがわかった、ということもあります。

「捻挫かな」とか「痛みは少ないから、しばらく我慢すればいいや」と考えず、怪我をしてしまった場合は、すぐに診察を受けていただきたいと思います。ほとんどの骨折はレントゲン検査で診断がつき、適切は固定により早期に完治可能です。

高齢者に多い代表的な骨折は、太ももの付け根の「大腿骨頚部骨折」と手首の近くにある「橈骨遠位端骨折」、あとは、「腰椎圧迫骨折」が挙げられます。高齢者の方はどうしても骨密度が年齢とともに低くなっていき、骨折をしやすくなっていきます。特に骨粗しょう症になってしまっている方の場合、家の階段や道で転んだ、といったふとした拍子に骨折してしまうことがあります。そのため、高齢者の方は定期的に「骨密度」の検査を受けていただくことをお勧めしています。骨折して、初めてご自身が「骨粗しょう症」と知る患者さんも多くいらっしゃいます。高齢者の方が骨折された場合には、骨折治療と並行して骨粗しょう症治療を行います。骨折すると、治療期間は患部をギブスで長期間固定するため、その周辺の筋肉や関節が硬くなってしまいます。
「骨折」の治療で大事なのは、
「骨折直後に適切な治療を受けること」と「骨折が完治した後のリハビリ」
です。

当院の治療法

医師の指導の下、セラピストによる関節稼働域訓練や筋力トレーニングを行います。固定していた期間が長ければ長いほど治療は長期化してしまう傾向があります。その期間をできるだけ短くするためには、骨折部位をギブスで固定している期間も、定期的にセラピストの個別リハビリを行っていただき、筋肉の萎縮や関節拘縮を最小限にすることを目指します。当院は、日常生活にできるだけ支障がないよう、また、短い期間で日常生活に復帰できるように、医師の指導の下、セラピストが丁寧にリハビリテーションを行っています。「骨折してしまったかな?」「捻挫程度かな?」と思った方は、できるだけ早めに、当院にご来院ください。

詳しくはこちら
詳しくはこちら
運動療法 マッサージ 物理療法
診療日程 アクセス
082-96-0212
医療法人 祟光会 整形外科・リハビリテーション科 山村整形外科

〒731-5115 広島県佐伯区八幡東4丁目21-8
受付時間:8:00~12:30 14:00~18:30
※土曜は8:00~13:00