広島県五日市市の整形外科 痛みの緩和や身体機能維持のためのリハビリに力を入れています

山村整形外科
お問合せは今すぐコチラ 082-926-0212
HOME > 脊椎疾患への当院の治療方針
  • お問合せはこちら
    診療日程
    • リハビリスタッフ
    • 看護師
    • 受付
    • 部位別の代表的な症状
    • 肩が痛い
    • 腰が痛い
    • 首が痛い
    • 捻挫してしまった
    • 骨折してしまった
    • 交通事故の怪我
    • 当院のリハビリテーションへの考え方
    • 運動療法
    • マッサージ
    • 物理療法
    • 医師紹介
    • 当院のご紹介
    • 診療時間・アクセス
  • 山村整形 デイサービスセンター

    〒731-5106 広島市佐伯区利松2丁目11-6

  • プラセンタ注射

脊椎疾患への当院の治療方針

山村整形外科の理念 保存療法をしっかりと行い、手術せずに回復していただく為に

「将来歩けなくなりますか?」
患者さんから よく聞かれる質問です。患者さんに とって歩けなくなるということは非常に大きな不安です。脊椎疾患(特 に腰椎)では、下肢のしびれ、痛み、間欠跛行(少 し歩いては休む。休んだら回復するのでまた歩く)などの歩行に支障を きたす症状が出現します。症状が深刻になると「立って歩 く」という、我々が生活していくうえで重要なことができなくなります。しかしすぐに歩けなくなることはありません。腰部脊柱管狭 窄症や椎間板ヘルニアという脊髄神経に影響を及ぼす疾患を適切な治療を せずに放置すれば、下肢が麻痺して歩けなくなることはあります。どんな病気を放置すればそうなるのか?少しくらい様子をみていても大丈夫なのか?整形外科で脊椎に携わる医師は、この点をしっかりと見極めます。当院では手術 が必要かどうかの判断を慎重に行い、その時点での病態を患者さんに詳しく説明します。日常生活がおくれるかとうかも重要な判断基準になります。腰痛、下肢 痛、痺れがあっても安易に手術加療を選択するわけではありません。手術療法は基本的に、除圧(神経の周りを削る)と固定(不安定な骨を金属や自家骨で固める)しかありません。 それらの手術で症状が改善すると診断した場合は直ちに連携先の信頼できる医師に手術を依頼しています。当院ではそのような手術に至る前の加療として
■トリガーポイ ント注射(疼痛部位局所へのアプローチ)
■ブロック療法 (硬膜外ブロック、神経ブロック)
■手技療法(AKA、マッサー ジ、ストレッチ)
■物理療法(腰 椎牽引、干渉波、低周波、温熱治療機器他)
■薬(神経障害 性疼痛薬、消炎鎮痛薬等)
■生活指導
これらの保存療法をしっかりと行い、手術せずに回復していただく、これが私たちの治療理念です。

事例の紹介

腰椎変性すべり症

第4腰椎が前方にずれています。椎間関節からの痛みや
脊髄神経への圧迫による下肢しびれを惹起します。

頸椎症性脊髄症

頚髄への圧迫により腕や手指のしびれ、歩行障害などが出現します。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管の狭窄により間欠跛行(歩行により下肢痛、しびれが増強し、少し休むとまた歩ける)を呈します。

腰部脊柱管狭窄症 MRI検査画像

本来あるべき脊髄腔が極端に全方向より圧排されています。
手術加療を検討するような画像所見です。

腰部脊柱管狭窄症 

高度な狭窄を生じた場合、間欠跛行や下肢しびれ、膀胱直腸障害などが出現します。

診療日程 アクセス
082-96-0212
医療法人 祟光会 整形外科・リハビリテーション科 山村整形外科

〒731-5115 広島県佐伯区八幡東4丁目21-8
受付時間:8:00~12:30 14:00~18:30
※土曜は8:00~13:00